今、プロレスが熱い!といわれる前から私はプロレスが大好きでした

私はタイトルの通り、プロレスが大好きです。

特に新日本プロレスが好きのルーツとなっています。

もちろんファンクラブにも所属済みです。

私がプロレスに出会ったのは高校1年の時でした。

当時私は中学から柔道部に所属していてとにかく逞しい身体に憧れていました。

自分も鍛えていたのもありますし、とにかくスポーツマンが大好きだったのです。

ある深夜、ふとトイレに起きた私がテレビがつきっぱなしだったのに気付き、近づいてみると、

その時ちょうど放送していたのがプロレス番組でお馴染みのプロレスワールドだったのです。

当時の私はプロレスはルールが曖昧だし八百長だと周りから聞いてたりであまり興味が無かったのですが、

その番組をうとうと見てる内にドロップキックなどのド派手な技やケンカキックや

逆水平チョップの地味だけど実際受けたら痛いだろうという技を次々と見続けてる内にその魅力にとりつかれて行きました。

はじめて生でプロレスを観たのは一年後。

同級生と後輩とで地方大会に来ていた新日本プロレスを見に行って、フリーの高山善廣を駅前で見た瞬間、

心が踊ったのを未だに覚えてます。

生で観るプロレスはテレビとはやはり違い、躍動感や会場の熱に圧倒された1日でした。

それからもぅ13年。

未だにプロレスを観に行くと胸が高鳴ります。

あの熱はプロレスだからこそ味わえる私の唯一の青春時代に戻れる場所なんだと思っています。

今はまたプロレスブームが再来していると聞いていますが、私のプロレス愛には敵いませんね!(自画自賛)

女子という現象も多少マナーがなってないような女性もいますが、でも女性ファンが少ない時代からファンだった私としては、

嬉しいの一言ですね。

昨今、過激な映像はゴールデンタイムから消えていってしまっていますが、

またいつかゴールデンタイムにプロレスが観れる時がくればいいなと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です