知人男性に言われた事について

どん底から這い上がったらかっこよくない?

と言っていた友達がいます。

私はその言葉がすごくかっこいいなと思って、その時々でどん底だと思っていた底なし沼から這い上がろうとしたけど、

結局どんどん落ちるばかりで、ここまで来てしまいました。

人生、きっと底も天井もなくて、上がろうと思えばどこまでだって上がれるけど、落ちようと思えばどこまでも落ちるんです。

叩きつけられて死ぬんじゃなくて、真っ逆さま落ちてる最中に意識を失ってショックで死んじゃうんです。

私は今どんどん落ちてる最中で、つかもうと思えば壁をつかむ事はできるんでしょうが、その壁はとげだらけです。

だから私はそれをつかんで、更に上へのぼっていこうという気力が起きないのです。

そんなに頑張れません。

でもこのまま落ちてたら、きっと私はショックで死んじゃうんでしょう。

誰かがロープを垂らしてくれるかも、とか、はしごをかけてくれるかもなんて、たくさん期待しましたが、

そんな善意の第三者はいないんです。

自分で何とかしなきゃいけないんだけど、それができなくて、そうしている間にもどんどん落ちていくんです。

自業自得なんです。周りの人は落ちていく人の事を可哀想だなんて思わないんです。

悲しいですけど、でもそれが社会なんだなと感じます。

本当、何で私がそんな人たちの為に働かなきゃいけないんだろう?

ってなりません?

もう本当うんざりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です